東北遠征の報告2016/08/10

11日間の東北遠征が終わった。

この期間中、たくさんのチームの子供達や指導者と出会った。

皆、現状を打破するため、それぞれの地域で懸命に模索していた!

そして、今回の私の教室が、少しでもそのお役に立てればと願っている。

また、この東北遠征では、たくさんの人々にお世話になり、将来への有り難いヒントも頂いた!

この場をかりて、御礼申し上げます!

そして、今後とも宜しくお願い致します!


あ~楽しかった!

さぁ~10日から徳島に出発!

ゆったりした方が良い!2016/08/14

技術があるチームは、特に、中盤ゆったりした動きで、パスを回したりドリブルした方が良いと思う!

こちらが、ゆったりとした動きをすれば、相手の最終ラインの選手を含む全体の動きも、ゆったりする。

すると、パスは出しやすくドリブルもしやすくなり、さらに、怪我もしずらくなると思う。

ただ、その際、こちらが、常に相手の動きを確認してからの、リアクションでプレーする必要がある。

そのため、技術の高さ、相手との相当な技術力の差(心の余裕)が必要になってくると思う。


逆に、こちらのチーム全体が、中盤張り切って動き、速いパスやキレのある鋭いドリブルをすると、相手の動きもつられて速くなり、得点しづらくなってしまうかも知れない!さらに、怪我もしやすい!

今回のオリンピックでのサッカーブラジル代表も、予選の最終戦で、最初の得点を決めた後位から、ゆったりしだし、その後の大量得点に繋がったように思う。


また、中盤ゆったりするのも至難の業だと思うのだが、前線でゆったりするのは、さらに究極の至難だと思う。


このように、ゆったりしたサッカーは、勤勉で器用で敏捷性はあるが身体能力に劣る日本人が、世界と闘うためには、打ってつけだと思うのだが…

インサイドで奪われる一例2016/08/20

様々な年代の試合で、対角線衝突の法則(対峙して、内側斜め前にインサイドで押し出した時、相手の対角のインサイドで奪われてしまう)が、未だ多発している!


その中で、頻発する一例を紹介する。


相手と対峙して、こちらが、右アウトサイドで右斜め前にドリブルしていて…

次に、左斜め前に切り返そうとする時、ドリブルしている足のインサイドでボールを止めてしまうために、重心は外側に移動して出したボールを追えず、しかも、インサイドでのタッチはボールが離れるため、簡単に相手に奪われてしまう。

これは、相手が上手いというより、明らかに自滅している!

しかも、このパターンを気付かずに、繰り返しチャレンジしてしまっている!

なお、この解決策として、右斜め前にドリブルしたボールを止める際は、その足のインサイドではなく、その足のアウトサイドで止めてみてはどうだろう?

アウトサイドで止めることによって、相手との間に身体が入る上、ボールはそのアウトサイドにピタっと張り付き、次への展開に備えられる!


どうだろう?皆さん、思い当たらないだろうか?

東海地方で教室募集!2016/08/24

あまりに直前で突然で、申し訳ございませんが…

8月30日(火)、31日(水)、今回は、東海地方を移動しておりまして…

上記の期間に、岐阜、三重、愛知、静岡の各県において、私にサッカー教室を実施させて頂けるチーム、個人は、いらっしゃいませんか?

なお、費用は、もちろん交通費なし、指導料のみで結構です!

また、先着順とさせて頂きますので、宜しくお願い致します!

もし、興味、関心がございましたら、kenjiwave@hotmail.co.jp までご連絡ください!

~まだまだ、夏は終わらない!

土屋健二

インサイドで取られる一例2016/08/27

相変わらず、皆、インサイドで取られているので、更なる一例を紹介する。

右のサイドライン沿いを、相手と競り合いながら縦にドリブルしている際…

ボール保持者は、スピードに乗って内側に切れ込もうと、右足のインサイド若しくは、インフロントでボールを内側に押し出すと、ボールは予想以上に大きく離れるため、相手には体を入れられ、簡単に奪われてしまう。

これも、相手が上手いというより、明らかに自滅という感じ!

このパターンも、あらゆる世代の試合で、数多く見受けられる。


私流の打開策として…

縦から内側に切れ込む際は、インサイド若しくは、インフロントを使うのではなく、右足のアウトサイドを使い、小刻みに内側に円を描いて入っていくのはどうだろう!

アウトサイドだから、常に相手との間に体が入っている。

なお、内側に入り込むタイミングが重要で、自身のサッカー教室では説明している。


今回のパターンも、見覚えないだろうか?