ボールを伴ったターン2017/03/31

前回では、ボールを持たない時のターンの方法を紹介したが…

今回は、前回のターンでの足の運びを忠実に再現した、ボールを伴ったターンの方法を紹介する。

例えば、横にダッシュして、横に止まっているボールを伴って、また横に戻る(ターンする)際は…

普通は、最初、外側の足のインサイドでボールに触れ、切り返そうとするが…


これだと、インサイドでタッチしているため、ボールは、予想以上に大きく離れてしまい、しかも、外側の足に重心がかかっているため、なかなか身体が内側に戻れない。

この場合のより良い方法は…

前回同様…

先ず、外側の足ではなく、内側の足でボールをステップオーバーして着地し、次に、外側の足を着地するのだが、この際、両足を大きく広げる。

さらに、外側の足が着地する際、小さく強く地面を叩くようにして(膝抜き)着地させ、重心を外側の足に乗せる。

次の瞬間、内側の足を浮かせ、その内側のアウトサイドでボールを内側に切り返す。

この際の注意点だが、内側の足でステップオーバーして着地する時、戻りたい方向と直角に足を置く(次、アウトサイドでスムーズに押せる様に)。

ここでも、ターンに、膝抜きを応用しているのだ。

リズムは、前回同様、最初のステップオーバー、外側の足、内側の足のアウトサイドの順で、1…2、3という感じ。


これも、また武器になる!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kenjitsuchiya.asablo.jp/blog/2017/03/31/8436632/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。