ドリブルへのファーストタッチ2017/04/04

止まっているボールにトップスピードで向かい、ボールに触れドリブルに入る際…

そのボールにファーストタッチする時は、その直前で足を前後に大きく開きジャンプする。

そして、前方の足先を、ボールの手前下側に踏み入れ、ボールに逆回転を掛け、ボールが大きく弾かれるのを防ぐ。

この直前で大きくジャンプすることは、足のタイミングを合わせるばかりか、ボールへの足からの衝撃を和らげる効果があると思う。

例えば、ロングパスは、スキップリフティング(立ち足を少しジャンプさせる)してトラップするように。

全身を空中に浮かせることで、次の衝撃が和らぐ。


明日の試合では、ジャンプしてからのファーストタッチで、カッコ良くキメてみよう!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kenjitsuchiya.asablo.jp/blog/2017/04/04/8443536/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。