背中乗せ、トラップ2017/05/10

私のサッカー教室では、背中でのトラップも紹介している。

背中でトラップする前に、先ず、背中にボールを乗せることを教えている。

そして、多くの子供達は、背中にボールを乗せる際、背中ではなく首の後ろに乗せようとする。

これでは、不安定で、トラップどころではない!

ここで、背中に乗せる際のポイントを紹介する。

●背中の乗せる場所は、首の直ぐ下
●両腕の肘を曲げる(汽車ポッポをする感じ)
●顔を上げ、前を見る
●上半身を脱力させる

要は、顔を上げ、両腕を曲げて上げることで、背中に溝を作る。そして、動いても安定するように、上半身を脱力させる。


そして、本題の背中でのトラップのポイントを紹介する。

●トラップ直前まで、ボールをしっかり見る。
●先ず、後頭部にかすらせ、ボールの勢いを少し弱める。
●次に、背中に乗った瞬間、両膝を曲げ深く柔らかく沈み込む。


この背中でのトラップは、胸でのトラップ同様、高いボールでもピタリと止まり、安定して次のプレーに移行出来る。


どうか、練習に練習を重ね、これも自分の武器にしてほしい!