インサイドのダブルタッチ2017/07/19

これは、両足のインサイドを使い、ボールを左右に動かすプレー。

この際、ボールを左右により速く動かすためには…

先ず、上半身を横揺れさせ、その波を下半身に伝えると同時に、ボールを左右に動かすと良いと思う。

そして、このダブルタッチを使い、相手を抜くための注意点は…

二回目のインサイドで触れボールを前に弾く際、ボールは予想以上に前に出てしまうか、または、二回目のインサイドで弾いたガニ股の形では、次のダッシュが遅れてしまい、相手に、ボールとの間に体を入れられてしまうかも知れない!

その対処法として、2回目のインサイドのタッチで弾かず、ピタッと止め、逆足の足裏ロールで、さらに外側にボールを動かすと、ボールとの距離は全く離れず、相手に体を入れられることもないかと思う。

これだったら、足が遅くても、密集地でも、十分に活用出来ると思う。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kenjitsuchiya.asablo.jp/blog/2017/07/19/8623435/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。