ちょっと卑怯な抜き方2018/02/05

今回は、ちょっと卑怯な抜き方を紹介する。

1対1の場面で。

先ず、右足をボールの手前に添え(右利きの場合)、左足を大きく前方に(相手の方に)踏み込む。

次に、相手からボールが見えない様に上体を前に倒す(自分の頭を相手のお腹に当てる感じ)。この時、相手からのプレッシャーに耐えるために、両腕を前に突き出しても良い。


更に、ボールに添えてある足の足首を上げ、ボールを軽く挟みつつ、そのまま前方空中に持ち上げ、少し前に放り投げ抜く。

ただ、この抜き方は、相手が押して来たことを確認した後に、実行してほしい。


一方、相手としては、ボールが全く見えない状況から、ボールを空中に上げられ、自分の後方に出されるのだから、成す術がない!


お試しあれ!