小さなクラブが生きる道2018/03/23

仮に、ある小さな地域に、広範囲から身体能力のある選手を中心に集めるビッグクラブがあるとする。

一方、その小さな地域の他の小さなクラブが、その地域での予選を勝ち上がるためには、どうしてもそのビッグクラブを倒す必要がある。

だが、小さなクラブが、同じように、身体能力を活かしたサッカーをするのでは、到底予選を勝てるはずもない。

なので、その小さなクラブは、必然的に個人技を活かしたサッカーをすることで、勝機を見出そうとするのではないかと思う!


これをもっと広い視野で見ると…


世界という狭い地域での予選を勝ち上がるためには、ヨーロッパという身体能力を集めたビッグクラブを倒す必要がある。


同じように、日本という小さなクラブが、そのビッグクラブを倒すには、必然的に個人技を活かしたサッカーをする必要があると思うのだが…

ただ、技術が身体能力を凌駕するためには、その技術レベルをかなり高める必要もある。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kenjitsuchiya.asablo.jp/blog/2018/03/23/8809972/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。