W杯を技術的に見て…2018/06/19

今回のW杯を技術的に見て…

未だに、インサイドが原因のミスが、多くの試合の多くの場面で、見受けられる。

特に、インサイドで相手を交わす際、斜め前内側にボールを押し出した時、相手の対角の足でボールを奪われてしまっている(対角線衝突の法則)。

また、ドリブルの際に、インサイド、若しくは、インフロントで扱うと、ボールは予想以上に離れてしまっている。

これらは、時が経過しても、一向に改善されていない!

また、ここでジンガを使えばいいだろうな!?という場面も多々あり。

さらに、ボールに慣れておらず、大ざっぱな選手も、多々いる。


…だから、将来的に、日本が世界に対して、技術的に隙入る余地は、まだまだあるかと思う。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kenjitsuchiya.asablo.jp/blog/2018/06/19/8897701/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。