スーパージンガ中の心得2018/06/24

試合でキープしている時、相手にボールを突っつかれる瞬間は、いつも足からボールが少し離れてしまっている。

しかも、その際、ボールは、いつも体重が乗っている足の外側近くにある場合が多い!

つまり、体重が乗っているため、次のタッチに時間が掛かってしまい、ボールがさらされている状態になってしまう。


この状態にならないためには…


スーパージンガで移動する際、右に移動する時は、主に左足裏でロールして進み、逆に、左に移動する時は、主に右足裏でロールして進めば、 上記のようにボールをさらす瞬間もなく、左右の足のスムーズな連携が出来、相手に突っつかれることも少なくなるかも知れない!


お試しあれ!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kenjitsuchiya.asablo.jp/blog/2018/06/24/8901932/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。