体を入れる際の足の順番2019/02/04

1対1でのスクリーン(ブラインドサイド)の際、相手とボールの間に体を半身にして入れてからの重心は、普通相手側の足に掛けるかと思う。

もし、ボール側の足に重心を掛けようものなら、相手からの押しに耐えきれず、軽く吹っ飛ばされてしまうだろう。

このことを踏まえて…

相手とボールの間に自分の体を入れる際も、常に相手側の足から入れた方が良いかと思う。

もし、最初にボール側の足を踏み込んだタイミングで相手に触れられたら、こちらに勢いがついている分、もっと軽い力でもっと遠くに吹っ飛ばされてしまうかも知れない!


このスクリーンの状態を形成するまでのパターンは、試合中様々あるが…

このスクリーンの際は、徹頭徹尾、相手側の足に重心を掛けるべし

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kenjitsuchiya.asablo.jp/blog/2019/02/04/9032346/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。