刺すドリブル2019/02/08

普通、ドリブルはアウトサイドを使うかと思う。

アウトサイドの面をボールにあて、相手の動きを待つ。

一見、この体勢から直ぐに全ての方向にボールを動かせそうだが、後ろにはいけない!

後ろにいくには、ボールの手前の足を、ボールの向こう側に一旦移動させるという一手間が必要になる。


やはり、全ての方向に素早くボールを動かすには、膝を上げ爪先を下に向けて構え、ボールの周りをその都度上から爪先で刺すようなドリブルはどうだろう。


これだと、あらゆる方向にボールを素早く運べる上に、ボールを遠くに蹴り出す恐れもなくなる。


これは、いわゆる、アウトサイドの「面」でのドリブルではなく、爪先を使った「点」でのドリブルになる!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kenjitsuchiya.asablo.jp/blog/2019/02/08/9033703/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。