重心側に抜く2019/02/12

今日は、サッカーの根本の概念を疑ってみる。

相手をフェイントで抜く際は、概して、相手の重心が掛かった方の逆に抜くかと思う。


…だが、これだと、力強くて足が速く、しかも足が長い相手には取られてしまうかも知れない。


…なので、逆に、相手の重心が掛かった側に抜けばどうなるだろう?

私は、こちらが多少劣っていても、抜けるのではないかと思う。


ただ、抜けるタイミングは一瞬しかないし、技術レベルは相当高くなるかとも思う。


しかも、闇雲にやっても決して上手くいかないし、抜く前と抜いた後のしっかりした能書き(私の教室で紹介している)が必要だと思う。


根本の概念を疑うことに活路を見出すのは、どうだろうか?

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kenjitsuchiya.asablo.jp/blog/2019/02/12/9035260/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。