相変わらずインサイドで奪われている!2019/05/10

先日、チーム指導で、Jグリーン堺を訪れた。

その際、自らの指導開始までの間、他の数多くのグランドでの様々な年代の試合を見て回った。

相変わらず、インサイドでのドリブルが原因(以下に記載)で、ボールが頻繁に奪われていた。


●目前の相手に対して、斜め内側にインサイドでドリブル(対角線衝突の法則)

●相手が近くにいる時のインサイドやインフロントでのドリブル

これは、決してボールを奪った相手が上手い訳ではなく、明らかにボール保持者のミスである。


しかも、ミスしたボール保持者も、何で奪われたのかを理解していないようで、何度も繰り返していた。

実にもったいない!


私は、今後も、このことが浸透するまで、折に触れて呟こうと思う。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kenjitsuchiya.asablo.jp/blog/2019/05/10/9070641/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。