ワンサイドカット2019/05/30

1対1の守りにおいて…

ワンサイドカットは、追い込む側が決まっていない場合以外は、普通、ボールを持っている足側をカットする。

そして、相手が逆足にボールを持ち替えて、その逆足でのドリブルが大きなった瞬間、相手と同じ側の足(相手が左足で持っていたら、こちらも左足を入れる)をボールと相手の間に入れる(ステップイン)のだが…


相手がボールをインサイドで持っている場合は、ボールを持っていない側をカットし、敢えて相手のボールを持っている側を開ける。

そして、相手のインサイドでの最初のドリブルは、ほぼ大きくなってしまうので、こちらは、そこに相手と同じ側の足を入れる(ステップイン)のはどうだろうか!

ただ、この場合、相手がこちらよりも足が速い際は、その間合いを広くする。


また、ワンサイドカットして、相手と同じ側の足を入れる際、相手とボールの間に入れるのではなく、相手がボール保持してまだドリブルを始めない時に限って、相手の足の間に深く入れ、相手の動きを止めてしまうのはどうだろう!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kenjitsuchiya.asablo.jp/blog/2019/05/30/9078828/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。