一か八かのロングパス2019/06/19

世界中の様々な試合で、相変わらず、一か八かのロングパスが多過ぎる!

一か八かのロングパスは、ほとんど通らないのに、懲りずに繰り返している。

相手がミスするのを待って、繰り返している。

これも、まさに戦術ではあるが…

私としては、少し興ざめしてしまう。

私は、このロングパスの使用は、性格的な問題だと思う

ロングパスが何度も返され、その度に、容易に相手ボールになってしまうことに耐えられるか、否かの問題だと思う。

このことに耐えられない選手、指導者が、個人技を磨き、ドリブルとショートパスで繋ぐ、いわゆる、コテコテサッカーに移行していくのだと思う。

概して、大雑把な海外諸国のサッカースタイルを、真面目で緻密で器用な日本人が真似なくても良いのではないかと思う。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kenjitsuchiya.asablo.jp/blog/2019/06/19/9089421/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。