インサイドパスで外側には蹴れない!2017/04/28

アウトサイドパスなら、一連の動きの流れの中で、蹴る寸前にも、蹴り足の外側にコース変更出来るが…

インサイドパスでは、一連の動きの中で、蹴る寸前に、蹴り足の外側にコース変更出来ない!

また、インサイドパスの流れの中で、蹴り足の外側に蹴るためには、一旦立ち足を踏み替えて、新たにテイクバックし直さなければならない!

一方、インサイドパスの流れの中から、蹴る寸前に、蹴り足の内側へならコース変更(ドリブル)出来る。この場合、立ち足が、ボールの真横ではなくボールの斜め下にある時に限る。

だから、守備者から見れば、インサイドパスを蹴ろうとしている相手に対しては、攻撃者の立ち足側をワンサイドカットし、後は、本来のパスコースに飛び込むタイミングを図るだけで良いと思う。

もし、相手の立ち足がボールの真横(正式な形)なら、ボールは本来のパスコース以外には飛ばないので…

相手のテイクバックのタイミングで、そのパスコースに飛び込めば良い。


また、本来のパスコースに守備者が立てば、相手は、次相手の立ち足側にボールを運ぶだろう。

この際、インサイドで扱うことになり、ボールは離れてしまうだろう。

よって、インサイドパスは、カット出来るかも知れない!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kenjitsuchiya.asablo.jp/blog/2017/04/28/8503617/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。