リフティング練習2017/04/02

リフティングがある程度出来る様になったら、一人でのリフティング練習時に、常に相手をイメージした方が良いと思う。

相手がこう突っ込んで来たらこう交わし、こう押して来たらこう連携させる…等々

日々のリフティング練習時に、常にイメージを伴うことによって、試合中のボールタッチ直前、次の一連のボール扱いが容易にイメージされる!

この普段のちょっとした気付きによって、数年後、大きな違いが出て来る!

もちろん、何も考えないリフティング練習も、アリだと思う。


P.S.リフティング練習時のお供は、これ!

★アプリ『極意リフティング基礎編』http://goo.gl/lvSM0z

ドリブルへのファーストタッチ2017/04/04

止まっているボールにトップスピードで向かい、ボールに触れドリブルに入る際…

そのボールにファーストタッチする時は、その直前で足を前後に大きく開きジャンプする。

そして、前方の足先を、ボールの手前下側に踏み入れ、ボールに逆回転を掛け、ボールが大きく弾かれるのを防ぐ。

この直前で大きくジャンプすることは、足のタイミングを合わせるばかりか、ボールへの足からの衝撃を和らげる効果があると思う。

例えば、ロングパスは、スキップリフティング(立ち足を少しジャンプさせる)してトラップするように。

全身を空中に浮かせることで、次の衝撃が和らぐ。


明日の試合では、ジャンプしてからのファーストタッチで、カッコ良くキメてみよう!

スピードに乗った相手に対する守備2017/04/10

こちらが止まっており、相手が少し離れたところから、スピードに乗って直線的にこちらに近づいている際の守備は…

こちらが、そのスピードに対応しようと、半身になった状態で待ち構えていると、

相手は、こちらの背中側に大きくボールを蹴り出し、さらにスピードに乗り、あっさり突破されてしまう。

この際のより良い対処法は…

こちらは、半身にならず、相手が通るであろうコースに正対して立ち、相手を待ち受ける。

これを見た相手は、急激なコース変更は出来ず、否応なしに、スピードを緩め止まろとするが、なかなか止まれず…


この守備なら、スピードに乗った相手を止められるかも知れない!

相手を千切ったら相手側に切れ込む2017/04/14

1対1において、普通相手を抜いたら、相手の裏を取るのが鉄則だが…

これを踏まえて…

1対1において、ボール保持者は、相手を少しでも、前方向だけでなく前後左右あらゆる方向にぶっ千切った(間が開いた)後は、相手側にドリブルすれば良いのだと思う。

この時、相手側に円を描くように小刻みにドリブルすることによって、相手も円を描くようになり、回転の理論(回転の内側の足は出ない)が適応され、容易に相手を振り切れると思う。


なお、この円を描いてドリブルする際は、足の内側を使うのではなく、足の外側を使う(アウトサイドで逆回転や逆足のアウトサイド)ことによって、ボールは離れず、相手に体を入れられることもなくなるだろう。


前だけでなく、あらゆる方向においても、という包括的な意味において、

「相手を千切ったら、相手側に切れ込む!」

という新しい鉄則を記憶してほしい!

土屋健二サッカー教室in大阪、兵庫2017/04/16

また、あまりに直前で突然で、申し訳ございませんが…・

5月5日(祝)、兵庫県、大阪府において、私にサッカー教室を実施させて頂けるチーム、個人は、いらっしゃいませんか?

なお、費用は、もちろん交通費なし、指導料のみで結構です!

また、先着順とさせて頂きます。

もし、興味、関心がございましたら、kenjiwave@hotmail.co.jp までご連絡ください!


~進化したジンガ、リフティング、個人戦術等を紹介します!~

土屋健二

ジンガ(土屋健二テクニック)があれば余裕が持てる!2017/04/18

ジンガは、左右交互の足裏で連携する、主にキープのための足技。

このジンガを駆使して、キープし続けることも出来れば、瞬間的に繰り出し相手の足を交わすことも出来る。

このジンガがあれば、相手に押し込まれた時も、余裕を持って対処出来る。

引いては、将来、大人になり、ジンガを全く使わない、単なるパスサッカーをするにしても、ジンガを知っていることで余裕が生まれ、より安定したプレーが出来るかと思う!

だから、小・中学校年代にジンガを練習することで、将来どんな道に進もうが、必ず活きて来ると思う。

だから、全ての子供達に、ジンガを練習してほしい!

~ジンガは、決して裏切らない!~


参考にして頂きたい私・土屋健二の著書は、「リフティング&ジンガバイブルDVD付」(出版社カンゼン)

アウトサイドで斜めに切るようにドリブル2017/04/20

相手と競り合ってボールを前に運ぶ際、普通、相手から遠い方の足のアウトサイドを使う。

例えば、自分の左肩
で相手を押さえながらボールを前に運ぶ際、自分の右足のアウトサイドを使うが…

そのアウトサイドでの触り方を紹介する。

右足アウトサイドで、ボールの右上から左下に斜めに切るように、また、ボールに斜め回転が掛かるように、ボールに触れる。

そして、ボールに触れた右足が着地する際には、ボールに常に触れながら、しかも、ボールと(左にいる)相手の線上に置くようにする。

つまり、着地した時、自分の右足アウトサイドのくるぶしに近い辺りがボールに触れているようにする。

これで、スクリーン(ブラインドサイド)をかけた状態になる。

また、相手を自分の右肩で押さえた場合は、自分の左足アウトサイドで、同様に触れてから置く。

これは、本当に些細なことであるが、球際の重要なこと。


これは、習慣化したいものである。