ジンガの弱点2018/12/05

私が開発した、地上でのキープのための足技である、ジンガ。

そのジンガの弱点を、私・本人が、今初めて明らかにする。

その弱点とは?

ジンガは、基本的に、左右の足裏で交互にボールに触れているので、その両足の間に足を深く(浅いと足を引っ掛けてしまう)突っ込まれて動きを止められ、その足を左右に払われると、ボールは奪われてしまうかも知れない!

…なので、対策として、

接近してジンガをする際は、相手に対して、常に足の間を見せない!つまり、相手に対して常に半身の状態でボールをキープする。


ここだけの話ですが…

テイクバックで読まれている2018/12/10

賢いDFは、相手のテイクバックで次のコースを読んでいる。

シュート、パスのみならず、ドリブルも、そのテイクバックで読まれていると思う。

だから、フェイントも利いてくるのであるが…


私の提案として、ロングボールを蹴る以外は、常にテイクバックを左右ぶらせるのはどうだろうか?

エラシコをする際、足首を脱力させるような感じで。

そのためにも、リフティングの際、足首は固定させず脱力し、スナップを利かせたり…

また、普段歩く時も、上半身から横揺れの波を足首まで流し、着地の瞬間まで出来る限り多く左右にぶらせる練習をする。

このテイクバックで足首をぶらせるのは、攻撃者だけでなく、守備者も活用出来る。


相手のボールにチャレンジする際に、素直に真っ直ぐ足を出すのではなく、そのテイクバックで大きく左右にぶらしながらボールにアプローチするのはどうだろうか?


お試しあれ!